がめんだイラストブログ

ブログ詳細ブログ一覧

栗村修大会アドバイザー予想

TOJの大会ディレクターであり、テレビの人気解説者であり、大分のレースのアドバイザーでもある栗村修さんに、今回のレースで活躍しそうな選手を予想していただきました!



クリテリウム

吉田隼人(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
日本を代表するスプリンター。本場での経験を活かした走りを魅せれるか。


岡篤志(宇都宮ブリッツェン)
2017年同レース2位。小柄な体格を生かした加速力は逸品。


アイラン・フェルナンデス・カサソラ(左:マトリックスパワータグ)
日本を知り尽くしたスペイン人スプリンター。

翌日のロードレースで活躍が期待されるのは、ホセ・ビセンテ・トリビオ・アルコレア(右:マトリックスパワータグ)
前週のJプロツアーでは2位の走りをみせておりコンディションは高い。


黒枝士揮(右:愛三工業レーシングチーム)
地元での勝利を狙う黒枝ブラザーズの長男。

黒枝咲哉(左:シマノレーシング)
黒枝ブラザーズの次男で兄との直接対決に闘志を燃やす。

窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)
今季絶好調でJプロツアーやトラックレースで勝利を量産中。


ロードレース

中根 英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
2018年世界選手権日本代表選手。難易度の高いコースを得意としている。

マイケル・ポッター(オーストラリアンサイクリングアカデミー)
2018年ツール・ド・とちぎ総合優勝。バランスのとれたオールラウンダーで日本のUCIレース2勝目狙う。


トマ・ルバ(中央:キナンサイクリングチーム)
今季多くのアジアツアーで表彰台に上がっているオールラウンダー。


増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
国内のUCIで多くのタイトルを獲得してきた日本を代表するオールラウンダー。


入部正太朗(シマノレーシング)
人気の高い個性派ライダー。その粘りの走りは納豆をも凌ぐ。

☆写真はN.Itoさん、rayworks